リフォームをお考えの方へ

住宅金融支援機構、【フラット35】リノベを開始

住宅金融支援機構は、10月1日からリフォームにより性能を向上させた中古住宅を取得する場合等に【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げる【フラット35】リノベの取扱いを開始しました。
低金利下での全期間固定金利の安心感に加え、性能向上リフォームを行うことで新築住宅を上回る年0.6%の金利引下げが中古住宅に適用される【フラット35】リノベは、国が「住宅ストックビジネスの活性化」を掲げる今日において、注目したい住宅ローンです。

【フラット35】リノベには、金利引き下げの期間が10年間の金利Aプランと5年間の金利Bプランがあり、いずれも年0.6%、借入金額全体の金利が引き下げられます。

[図表1]金利引き下げの概要

[図表1]金利引き下げの概要

 【フラット35】リノベの利用条件のひとつは、リフォーム前に適合していない基準にリフォームを行うことで適合させることです。省エネルギー性・耐震性等4つの基準のうち、1つ以上の基準をクリアーすることが必要です(図表2・3)。
さらに、中古住宅の維持保全に関わる措置を行うことも【フラット35】リノベを利用するための条件となります。具体的には、「インスペクションの実施」、「瑕疵保険の付保等」、「住宅履歴情報の保存」、「維持保全計画の作成」のいずれかの措置を行うことが必要です。

[図表2] 金利プランと技術基準のレベル

[図表2] 金利プランと技術基準のレベル

【フラット35】リノベの利用手続きには2つの流れがあります。ひとつは、顧客が中古住宅を購入して性能向上リフォームを行う場合(リフォーム一体タイプ)、もうひとつは、住宅事業者により性能向上リフォームが行われた中古住宅を購入する場合です(買取再販タイプ)。
利用手続きの流れ、技術基準、物件検査について詳しくは、住宅金融支援機構ホームページ(http://www.flat35.com/)でご確認ください。

03


▶ MORE

PAGE TOP

Copyright(c)ZENRIKYO