お知らせ一覧(会員様向け)

2019年8月9日

リ推協「住宅リフォーム事業者実態調査」のご協力のお願い

 (一社)全建総連リフォーム協会(全リ協)が会員加入する(一社)住宅リフォーム推進協議会(リ推協)では、2018年度から毎年度1回行う「住宅リフォーム事業者実態調査」を2019年も継続して実施するにあたり、全リ協に対して本調査への協力依頼がありました。 この調査は、全リ協事業会員といった住宅リフォーム事業者団体登録制度の団体会員事業者をはじめとする、長期優良住宅化リフォーム推進事業に取り組む事業者等に対しても行われ、その目的は住宅リフォーム市場の実態を把握することとしており、全リ協としましても本調査に協力していきます。 調査の調査票は、リ推協から直接事業会員の皆様へ送られ、また、回答も事業会員の皆様がリ推協へ直接返すこととなります(下記1.調査の実施時期をご参照)。 調査に関してご意見やご不明な点などございましたら、リ推協又は所属組合などへご相談下さいますようお願い致します(下記2.調査に関するお問い合わせ先ご参照。 1.調査の実施時期2019年8月23日頃に調査票一式が届く予定です。2019年9月30日が調査票の回答提出期日です。 2.調査に関するお問い合わせ先(一社)住宅リフォーム推進協議会 電話03-3556-5430 FAX03-3261-7730又は、所属組合、又は、全リ協事務局へご相談下さい。

2019年8月9日

「2020年度版住宅リフォーム快適カレンダー」販売のお知らせ

(2019年8月9日配信)  「2020年度版住宅リフォーム快適カレンダー」販売のお知らせ  このたび、全建総連監修のもと、組合員の皆様が営業活動をする際のコミュニケーションツールの一つとして活用していただける「2020 年版住宅リフォーム快適ライフカレンダー」を有料販売することになりました。このカレンダーには、事業所名を名入れして自社アピールできるほか、お客様にリフォームへの興味・関心を持っていただくため、リフォームに関連する情報や、お客様が自ら住まいの現状や希望を再認識するためのかんたんチェックシート、リフォームする上で気をつけるべき点をチェックポイントとして載せています。
 また、少しでも財政負担を少なくして、営業活動に役立てられるように、全リ協事業会員であればカレンダー1部あたりの定価から10%の割引、さらに、事業所の名入れ手数料が特別価格で注文できます。新規のお客様や、OB のお客様への年末挨拶の時などに配布いただき、仕事受注のきっかけづくりに積極的な活用をお願いいたします。注文方法や価格などの詳細については、別添資料をご覧ください。
 なお、申込期間については、案内開始から10 月11 日までとなっておりますのでご注意ください。
  注文に関するお問合せについては、株式会社エコタイムズ社 2020快適ライフカレンダー係へご連絡いただきますようお願いいたします。
  ※注文時に全リ協事業会員として在籍があるかを確認させていただきます。注文に関するお問合せ先
株式会社エコタイムズ社2020 快適ライフカレンダー係
電話:0120-289-100 または03-6435-1346 FAX:03-6435-1458
受付時間:9:30~17:30(土日祝日を除く)

2019年8月8日

令和元年『住宅の長寿命化リフォームシンポジウム』開催のお知らせ(東京10/2 大阪10/18)

(2019年8月8日配信)一般社団法人住宅リフォーム推進協議会より、令和元年『住宅の長寿命化リフォームシンポジウム』開催のお知らせ(東京10/2 大阪10/18)です。今回のシンポジウムでは、建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の一部を改正する法律が本年の5月17日に交付され、リフォームにおいても「省エネ」への取り組みを加速する必要があります。また、住まいの「温熱環境」が、住み手の健康に及ぼす影響が明らかになりつつあります。そこで、基調講演では「健康で快適な暮らしをすべての人に~あったかリフォーム読本のご紹介~」 と題して東京大学の前 真之准教授にご講演をいただきます。その後、リフォーム事業者の「長寿命化リフォーム」を積極的に取組む事例の紹介と参加者全員によるディスカッションを通じて、「住宅の長寿命化リフォーム」のノウハウを共有化する場としたいと考えております。※参加費は無料となりますが、応募締め切り前であっても、各会場で定員に達した場合はその時点で締め切るとのことですので、参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。
 【名 称】 令和元年「住宅の長寿命化リフォームシンポジウム」
       住まいの性能向上への取組み~温熱環境・省エネを中心に~

【会場/日時】東京会場 すまい・るホール(定員250名 水道橋)
      令和元年10月2日(木)13:15~16:30
      大阪会場 hu+gMUSEUM(定員150名 大阪ドーム前)
      令和元年10月18日(金)13:15~16:30

  
【参加費】無料 ※申込先着順

【お申込方法】WEBの申込フォームからの申込のみとなります。
http://www.j-reform.com/event/symposium_choju.html


【お申込締切】東京会場:令和元年  9月27日
       大阪会場:令和元年10月15日

                                   

2019年6月4日

木軸の横架材・基礎のスパン表セミナー

(公財)日本住宅・木材技術センターでは、木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表に関するセミナーを下記の要領で開催致します。 同センターの広報によると、2階建てまでの木造軸組工法住宅で地震に対する安全性の高い住宅性能表示制度における耐震等級2の住宅について構造設計を勉強したい方に最適なセミナーだとしております。 セミナーについて詳しくは、下記及び添付資料をご覧下さい。 主催:(公財)日本住宅・木材技術センター日時:2019年9月13日(金)10:00~16:30場所:「木材会館 7階ホール」 東京都江東区新木場1-18-8定員:140名受講:受講料が発生します。申込:次のURLよりお申込み下さい。http://howtecs.shop-pro.jp/お問い合わせ先:(公財)日本住宅・木材技術センター 総務情報部 電話03-5653-7663

2019年4月5日

塀・柵・デッキ等の木質化対策支援事業(林野庁・18年度補正予算)

◎目的
 住宅着工戸数の減少が見込まれる中で、これまで木材利用が少なかった分野を中心に需要を拡大する必要がある。
 その中で非住宅・住宅の外構部の木質化は高い展示効果が期待される。
 非住宅・住宅の外構部の木質化に取り組む事業者を支援する。
  ①工務店、施主等における木製外構の認知度の向上
  ②工務店、施主等における防腐処理等の木材に係る正しい知識の普及に取り組む
 
◎事業の対象工事と助成額
  ア、①塀②柵③その他これに類する外構施設であって、一施設につき0.05リューベ以上かつ塀等の延長1m当たり0.02リューベ以上の木材等を用いて施工する場合
   ※助成額:塀等の延長1m当たり3万円の定額助成(上限は500万円)
  
  イ、④デッキ②門柱・門扉③ボードウォーク④簡素なカーポート等の工作物であって、一施設につき0.2リューベ以上の木材を用いて施工する場合
   ※助成額:1リューベ当たり30万円の定額助成(上限は1000万円)
 
  ウ、基礎を施工するなどして、屋外に固定され、容易に持ち運びができない施設であること
 
◎使用する木材
  ・クリーンウッド法に基づく合法伐採木材(納品書に記載あるもの)
  ・地際もしくは基礎に接する部分の木材はJAS規格の性能区分K4またはAQ認証1種相当の処理を施したもの
   それ以外の部材はJAS規格の性能区分K3以上またはAQ認証2種相当の処理を施したものまたは木材保護塗料もしくは表面処理薬剤により処理されたもの
    ※AQ認証とは公財)日本住宅・木材技術センターの優良木質建材等認証
   
◎事業申請方法と流れ
 ①施工者が「外構実証事業申請書」(様式1号)を都道府県の地域木材団体を経由して全木連に提出
  ※添付資料
   ア、施設の規模・概要等がわかる資料(平面図、立面図、仕様書など)
   イ、施設の整備費の内容が確認できる資料(材工の内訳が判別できる見積書)
   ウ、施設の木材使用量が判別できる資料(仕様書、木拾い表など)
   エ、申請者が建設業を生業としている証明(建設業許可、過去の施工実績、その他の資格)
 ②申請に基づき「事業申請受付書」(様式2号)が施工者に届く
 ③事業の採択 全木協連で審査され「審査結果通知書」が施工者に届く
 ④通知書の日付以後に工事着工したものが助成対象
 ⑤施設の施工完了後「助成金交付申請書」(様式6号・消費税額を除外)と「報告書」(様式7号)を地域木材団体に提出
  ※添付資料
   ア、施設の規模・概要等がわかる資料(平面図、立面図、仕様書など)
   イ、施設の整備費の内容が確認できる資料(材工の内訳が判別できる見積書)
   ウ、施設の木材使用量が判別できる資料(仕様書、木拾い表など)
   エ、合法伐採木材の使用が確認できる書類(団体認定番号もしくは合法伐採木材記載納品書)
   オ、施設に使用した木材の耐久性を証明する資料(住木センター)
 ⑥施設の検査(必要に応じて)
 ⑦助成金額の確定は全木協連で審査され「交付決定通知書」が施工者に届く
 ⑧助成金の支払い・・・「助成金交付請求書」(様式9号)と「交付決定通知書」の写しを期日までに全木協連に提出すると指定口座に振り込み
 
◎事業申請は4月中旬から・・全木連

2019年4月3日

2019(平成31)年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」説明会開催のお知らせ

 国土交通省は、4月15日より全国9都市で、既存住宅の性能向上や三世代同居等の複数世帯の同居への対応に役立つ優良なリフォームを支援する「長期優良住宅化リフォーム推進事業」に関する事業者向け説明会を開催します。 説明会では、同事業の概要や支援を受けるための手続き等について、国交省等から説明があります。 参加料は無料、参加方法は事前に参加の申し込みが必要です(定員あり)。以下のホームページ、FAX又は電話により受け付けます。 【申込み先・申し込みに関する問い合わせ先】ホームページ: https://krs.bz/koushuu-setsumeikai/m/31choukirFAX: 0120-555-299(FAXの場合、別紙2をご活用ください)TEL: 0120-555-312(受付時間:9時~18時(土日祝除く))

2018年12月27日

平成30年度「長寿命化リフォーム~住まいと暮らしの充実~セミナー」開催のお知らせ

(一社)住宅リフォーム推進協議会よりセミナーのお知らせです。

平成30年度「長寿命化リフォーム~住まいと暮らしの充実~セミナー」(事業者向け【参加費無料・CPD認定講座】が開催されております。

講義では、リフォーム事業者をはじめ多様な業種の方々を対象にしたリフォームビジネスで活かせる「4つの仕組みと10の実践アプローチ」、「消費者から選ばれるリフォーム事業者になるためのポイント」等の情報を紹介、併せてリフォーム支援制度や最新のリフォーム関連情報をご提供いたします。

開催会場一覧(※2018年12月27日現在の申し込み可能な開催地

1/18(金)13:30~16:30 青森県 青森市

1/17(木)13:30~16:30 青森県 八戸市

1/18(金)13:30~16:30 岩手県

1/29(火)13:30~17:00 宮城県

1/17(木)13:30~16:45 埼玉県

1/22(火)13:30~16:30 愛知県

1/30(水)14:00~17:00 奈良県

1/28(月)13:30~16:30 広島県

1/18(金)9:30~12:00   徳島県

1/17(木)13:30~16:30 福岡県

1/22(火)13:45~16:45 大分県

1/10(木)13:30~16:30 宮崎県

 

各会場の詳細及び申込方法等については、下記のURLよりご確認ください。

http://www.j-reform.com/event/seminar_bus.html

2018年12月25日

国交省より「次世代住宅ポイント制度を創設」~新築は最大35 万円相当、リフォームは最大30 万 円相当のポイントを付与~

国土交通省住宅局住宅生産課より、12月21日付で平成30年度国土交通省関係第2次補正予算の概要及び平成31年度住宅局関係予算決定概要の発表が行われました。併せて、消費税率10%への引上げ後の住宅購入等を支援するため、一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して、新築は最大35 万円相当、リフォームは最大30 万円相当のポイントを付与する「次世代住宅ポイント制度」を創設するとのことです。詳細は、国土交通省ホームページをご覧ください。▼平成30年度国土交通省関係第2次補正予算概要
 http://www.mlit.go.jp/common/001266326.pdf

▼平成31年度住宅局関係予算決定概要
 http://www.mlit.go.jp/common/001266547.pdf

▼【記者発表】住宅の新築やリフォームをお考えの皆様へ、次世代住宅ポイント制度を創設します!
 ~平成31年度当初予算案 消費税率引上げを踏まえた住宅取得対策~
 http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000837.html▼【次世代住宅ポイント事務局】 https://www.jisedai-points.jp/

ご相談・お問い合わせは、こちらよりお気軽にどうぞ。

当会員が提案・施工したリフォーム工事等へのご相談・お問い合わせ

TEL:03-3200-6270

10:00-12:00 および 13:00-17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ